検査


酸化ストレス・抗酸化力測定

生活習慣病の予防に体のサビ度=酸化ストレスを測定する採血検査です。測定することであなたの体の総合的な健康度が分かります。現在、酸化ストレスは100以上の疾患の原因とされています。

 

糖化ストレス測定

AGEs(最終糖化生成物)を腕を機械に乗せるだけで短時間で測定します。AGEsの増加はタンパク質変性を引き起こし、糖尿病、動脈硬化、高血圧、癌、腎疾患、骨粗しょう症、神経疾患など、加齢と関係性のある様々な疾患の誘発につながります。また、皮膚老化の原因ともなります。

採血検査

栄養採血

貧血・肝機能・腎機能・高脂血症・糖尿病などを調べる一般採血項目に追加して、体内のビタミン濃度や脂肪酸分画、長寿ホルモンといわれるアディポネクチンなどの測定を行います。

ホルモン採血

女性ホルモン、男性ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎ホルモンなどの測定を行います。

骨密度検査

DXA法を用いて前腕骨の骨塩量を測定し、骨粗しょう症と骨の老化度を判定します。女性は特に閉経後急激に骨密度が減少します。経時的変化を見ていくことがお勧めです。

 

血圧脈波検査

血液が血管を流れる速さや四肢の血圧の差を測り、血管の硬さ(CAVI)と血管の詰まり具合(ABI)を測定します。わかりやすく言えば、いわゆる「血管年齢」を調べる検査のことです。

内臓脂肪面積測定

CT検査で、へその周りの断面像を撮影し、内臓脂肪面積を測定します。内臓脂肪面積が100cm2を超えると内臓脂肪型肥満と判断され、生活習慣病や動脈硬化を引き起こすリスクが高いと考えられます。また、メタボリックシンドロームの診断基準の項目にあげられす。

腸内フローラ検査

医療機関専用の便検査キットで腸内細菌叢を調べます。主要な腸内細菌の割合、腸内の菌構成・多様性、腸内環境の推移、太りやすさ、腸タイプなどが分かります。最新の研究では、腸内細菌叢が美肌、肥満、便秘、糖尿病、大腸癌、アレルギー、自閉症、うつにも関連していることが明らかになっています。マイキンソープロ⇒https://pro.mykinso.com/

毛髪ミネラル検査

ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの多量ミネラル5元素と鉄、亜鉛、銅などの微量ミネラル8元素の合計13元素を必須ミネラルと定義し、またバナジウム・コバルト・ニッケルなどの元素を参考ミネラル(7元素)として評価します。さらに身体に有害と考えられているカドミウム・水銀などを有害金属(6元素)として評価しています。

持続血糖測定

に装着したセンサーをReaderでスキャンするだけで、グルコース値の自動測定、記録、保存が可能です。今食べた食事による自身のグルコース値の変化をリアルタイムで知ることができ、食生活改善に繋がります。

エクオール産生能検査

大豆イソフラボンをもとに腸内で『エクオール』をつくれる人は、イソフラボンの健康効果を効率よく得ることができます。しかし、つくれる量には大きな個人差があります。エクオールの産生量を尿検査で簡単に調べることができます。

肌診断システム

お肌の状態(毛穴、シワ、シミ、肌トーン、ポルフィリン、水分、油分、弾力、肌タイプ、肌年齢)をわずか30秒で測定します。1300万画素の高精細カメラで詳細な肌の状態を分析、毎日のスキンケア指導や治療経過をみるために行います。